記事閲覧の際の注意点

当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

訪問者様の参考になれば…という想いで記事を書いていますので、
何か一つでも皆様の参考になる点があれば、書いた甲斐があります。

 

さて、

当ブログでは、トレード論…というかトレードに関する考え方的な記事を幾つか書いています。

 

それを読んで頂く際の注意点なのですが、

プロフィールにある通り、僕はデイトレードスタイルです。そのため

デイトレード目線での考え方で記事を書いていますので、
トレード目線が違う方には全く役に立たない可能性があります!

ということをお伝えさせてください。

 

どういうことかと言うと、

トレード目線(トレードスタイル)が違う場合、考え方が色々と違う、ということです。

 

色々違う、というのは、どういうことかというと、

レバレッジの調整の仕方・損切りの仕方・エントリーの考え方、などなどです。

 

トレードスタイルは大別すると、以下の3つとなります。

①スキャルピング(分単位で保有する)

②デイトレード(数時間~数日単位で保有する)

③スイングトレード(週~月単位で保有する)

 

この三者はレバレッジの掛け方(元手に対する保有通貨量のサイズ)、損切の仕方、エントリーの考え方が全然違うと思っています。

僕はデイトレード目線でトレードをしていて、少なくとも負け越すことはない程度の腕はあると自負していますが、

スキャルピングやスイングトレードでは勝つ自信は全くない…というか多分負けると思います。

 

僕が書く記事は、デイトレード目線では参考になるようなことを書いているつもりですが、

スキャルピングやスイングトレード目線の方には、正直役に立たない記事の可能性が高いです。

 

もちろん、記事の中には、どのようなスタイルのトレーダーにも共通するマインド、みたいなものもあるとは思いますので、

全てが全て役に立たないとは言いませんが、MMXの記事はデイトレード目線で書いているんだな…ということは予め了解いただければ幸いです。

 

エントリーの考え方 について

上述の、エントリーの考え方、という点について少し詳しく書きます。

 

例えば、日足で以下のようなチャートがあったとします。

(クリックで画像拡大します)

週~月単位で保有するスイング目線だと、この相場は、安心して買いで入れそうな気がします。
(過去の高値抵抗線が、安値抵抗線に変化しているかもしれない、という背景です)

 

 

では次に、もう少しチャートを短い時間足(1時間足)で見てみましょう。

(クリックで画像拡大します)

数時間単位で保有するデイ目線だと、数時間後に相場が上がっている、という心証は現時点ではあまり持てないな…というのが僕の感想です。

この相場を見ると、もう何回か安値更新をチャレンジするような動きもあり得るなと僕は思いました。

言い換えると、数時間単位で保有するデイ目線だと、まだ安心して買いでは入れない、ということを言いたいのです。

買いで入るにしても、多少の含み損は覚悟する(もしくはいつもより通貨量を減らす)といった対応も必要になるかもしれません。

 

 

最後に、さらにチャートを短い時間足(1分足)で見てみましょう。

(クリックで画像拡大します)

スキャル目線の方は1分足を使用すると思いますが、
レンジ → ジェットコースター → レンジ というような相場になっていますね。

僕はスキャルのスキルはないので、この相場で、買いをするべきか売りをするべきか、さっぱりわかりません…苦笑

ただ多分、このジェットコースターで損切をする必要があるのではないのかな、と思っています。
デイトレードだと微妙ですが、スイングトレードだと、この程度の変動では損切しないと思います。
というかチャートを見てないと思います笑

 

同じ瞬間の3種類のチャートを見てみましたが、

買いで入るか売りで入るか、トレード目線によって、エントリーの考え方が違うというのが、なんとなくわかって頂けましたでしょうか?

 

上記は一例ですが、トレード目線によって、同じ瞬間でもエントリーの考え方が異なっている、ということが、分かって頂ければ幸いです。

投稿日:

Copyright© XMでゆったりLife , 2018 All Rights Reserved.