FXトレード論

FXで損切りのタイミングってどう考えるの?

投稿日:

FXで損切りは大事って、よく耳にするかと思いますが、

 

じゃあ、いざ具体的に損切りについて考えるときに、

 

損切りのタイミングが難しいとか、そもそも分からないって方も少なくないと思います。

 

僕なりの考えを書きたいと思いますので、参考にしてみてください。

 

まずは、意味のある位置に逆指値(ストップ)を設定する。

 

全てはこれが前提です。

 

意味のある位置に逆指値(ストップと言われます)を入れるってなんぞや?って方は、
こちらの記事をご覧ください。

FXにおける損切りの目安について

 

エントリーの時点で、ストップを入れることをまずは徹底してください。

 

そうすることで、ストップの位置に来た時点で損切りが実行されます。

 

ストップを入れた位置には到達していないけど、損切りを考えるシーン

 

ストップまでは来ていないけど、揉み合ったままどっちに転ぶかわからないってことがあります。

 

こんな場合どうするか?

 

基本は、チャートを眺めて、最初に入れたストップに届くかどうか見守ります。

 

間違っても、逆指値の位置を緩くしないでください。

 

その上で。

 

買い(売り)で入って、かなり長い間様子を見ていたけど、

 

『いつの間にか売り(買い)の形になっている』場合は、

 

ストップに届かなくても、損切りしていいタイミングかなと思います。

 

具体的にチャートで解説してみると、こんな感じです↓

 

ただ、こういう損切りをする前提として、

 

自分の売買のエントリールール(こういう形になったら買いをするとか売りをするとかいうルール)がある程度持っている人が前提となります。

 

自分なりのエントリールールを持ってない人だと、そもそもこういうトレードができないので、

 

その場合は、最初に設定したストップを動かさずに、チャートを注視することが大事かなと思います。

 

まとめ

 

意味のある位置にストップを入れつつ、

 

自分なりの売買ルールを持っている人で、

 

買い(売り)で入ってたけど、『いつの間にか売り(買い)の形になっている』って場合には、

 

その時点で決済(損切り)して、逆エントリーするのもありかと思います。

 

どうすればいいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

-FXトレード論

Copyright© XMでゆったりLife , 2018 All Rights Reserved.