FX初心者向け

FXのレバレッジって何?高いとどうなる?どれくらいがいいの?

投稿日:

FXでレバレッジってよく聞くけど、よくわかんない!って方、いらっしゃると思います。

海外FXはレバレッジが高いから良い!って聞くけど、ホントかよ?って疑問に思ってる方も少なくないと思います。

ここではレバレッジについて、具体例を用いて説明しつつ、どれくらいのレバレッジがいいか書いていきたいと思います。

 

 

レバレッジとは『所持金を倍増させてトレードができる』ことである

『所持金を倍増させてトレードができる』って意味わからん!って思いますので、具体的に考えてみましょう。

まず、レバレッジというのがなかったとして、所持金10万円でドル円を買うとします(1ドル100円と仮定します)
この場合、どれだけドルを買えるでしょうか?

答えは、1,000通貨だけ買えます(10万円÷100円=1,000)。

 

次に、レバレッジありで考えてみましょう。
レバレッジとは『所持金を倍増させてトレードができる』でしたね。

 

レバレッジが25倍だとすると、所持金10万円が25倍された250万円として取引できることになります。すごいですよね?

 

所持金10万円で、レバレッジ25倍でトレードをするとすると、250万円÷100円=25,000 ということで、25,000通貨も買えることになります!

 

つまり、レバレッジ25倍だと、レバレッジなしに比べて、25倍も多く通貨を買える!ということになりますネ。

レバレッジ100倍だとすると、レバレッジなしに比べて、100倍も多くの通貨を買えるということになります。参考までに。
(厳密には必要証拠金とか色んなことを考える必要がありますが、ざっくりとしたイメージをしてもらうために簡略化しました。)

 

多くの通貨を買えるとどうなるの?

すでにお気づきの方もいるかもしれません。

多くの通貨を買えるということは…?

トレードで多くの利益を上げることができる! ということになります。

 

所持金10万として、1ドル100円で買えたとして、具体的に考えてみましょう。

上で説明した通りですが、以下のようになります。
・レバレッジなし :1,000通貨買える
・レバレッジ25倍 :25,000通貨買える!
・レバレッジ100倍:100,000通貨買える!!

ここで、ドルが100円から105円にあがった、つまり5円の益が出たとします。

・レバレッジなし :1,000通貨×5円=5,000円の利益
・レバレッジ25倍 :25,000通貨×5円=125,000円の利益!
・レバレッジ100倍:100,000通貨×5円=500,000円の利益!!!

これ、どういうことかわかりますでしょうか?

レバレッジの分、通貨が多く買えるということは、利益が出たときに多くの利益が獲得できる!ということになります。
よく見ると気づくかもしれませんが、レバレッジ25倍だと、レバレッジなしに比べて25倍の利益、レバレッジ100倍だと、レバなしに比べて100倍の利益が出ているのがわかります。

つまり、レバレッジの分だけ、利益も倍増している、ということになります。

レバレッジの効果、わかっていただけましたでしょうか?

 

しかし、レバレッジが高いことは、良いことばかりではない…

先ほど、『レバレッジの分だけ、利益も倍増している』と書きました。

これはトレードが成功して、利益の出たときの話です。

でも、全てのトレードで100%が出るとは限りませんよね?

仮に1ドル100円で買って90円になった、つまり10円の損をしてしまったとします。

・レバレッジなし :1,000通貨×10円=10,000円の損失
・レバレッジ25倍 :25,000通貨×10円=250,000円の損失!
・レバレッジ100倍:100,000通貨×10円=1,000,000円の利益!!!

利益のときとは逆に、損失もレバレッジの分だけ倍増しています…レバレッジ100倍のときなんか100万円損してます…恐ろしいですね。。

ただ現実はもっと複雑です。

トレードの前提を忘れてしまった方もいるかもしれませんが、
所持金10万円を前提に取引をしています。

レバレッジにより、『所持金を倍増させてトレードができる』と言いましたが、
実際に所持金が増えているわけではないのです。
ここが大きな落とし穴になります。

 

相場がどんどん悪くなるにつれて、損失が膨らんでいきますが、所持金を超える損失は抱えきれないのです。
(厳密には、恐ろしいことが起きるのですが、後述します)

 

所持金を超える損失が出そうになるとどうなるか…それは、

強制的に取引が終了(決済)されます!
(このことをロスカットと言います)

 

上記具体例の『1ドル100円で買って90円になった、つまり10円の損をしてしまった』で考えてみましょう。

・レバレッジなし :1,000通貨×10円=10,000円の損失
 →所持金を超える損失ではないので、特に何もおきません。

 

・レバレッジ25倍 :25,000通貨×10円=250,000円の損失!
 →所持金を超える損失が出ています。踏み込んで言うと、
  4円下がった96円の時点で、所持金と損失が同額となっています。
  つまり、4円下がった時点で、取引が強制的に終了します。残高ゼロとなっておしまいです。

 

・レバレッジ100倍:100,000通貨×10円=1,000,000円の利益!!!
 →所持金を超える損失が出ています。踏み込んで言うと、
  1円下がった99円の時点で、所持金と損失が同額となっています。
  つまり、1円下がった時点で、取引が強制的に終了します。残高ゼロとなっておしまいです。

 

この三者の比較、何が起こっているかわかりますでしょうか?

 

レバレッジが大きいほど、強制的に取引終了するラインが厳しくなっているのです。

トレードをしていると、多少の損を抱えて耐える、ということはよくあることです。

しかし、レバレッジが高すぎると、耐える前に強制決済で終了させられてしまうのです。

なので、どれだけ相場に耐えられるかを考えて、レバレッジを扱わないといけないのです。

 

結局、レバレッジはどのくらいがいいの?

レバレッジは高ければ高いほどよい、というわけではない、ということが分かって頂けましたでしょうか?

ここで、FX会社のレバレッジについて考えていきます。

 

まず国内のFX会社ですが、日本の法律の関係で、レバレッジの上限が25倍となっています。
(将来的には上限10倍にするような法律を変えるという話もありますが、それは後日触れたいと思います)

 

一方海外のFX会社ですが、日本の法律のような、25倍上限というものはありませんので、レバレッジ数百倍というのがザラです(中には1000倍というのもある)。

 

じゃあどのくらいのレバレッジがあるといいの?という話になりますが、これは人によって考え方が違うので一概には言えません。
考え方というより、トレードスタンスといった方がいいでしょうか。

 

トレードスタンスには大別すると3種類あるのですが、
①スキャルピング(数分単位でトレードを完結させる)
②デイトレード(数時間単位・数日単位で〃)
③スイングトレード(数週間単位で〃)

 

一般論として、スキャルピングはレバレッジが高い方が向いており、スイングトレードはレバレッジが低い方が向いている、ということが言われます。

 

どういうことかと言うと、取引時間が短いなら含み損はそれほど発生しない(レバレッジが高くても耐えれる)
取引時間が長いなら含み損も多く発生する可能性がある(レバレッジが低くないと耐えれない)、ということです。

自分がどのようなトレードスタンスでやろうとしているか考えてみるといいと思います。

ちなみに僕は、数時間単位で保有するデイトレードスタンスでやっているのですが、25倍だと物足りないけど、数百倍もいらないかなぁという感じですので、100倍でやっています。

 

まとめ

レバレッジについて、具体例を出しながら説明してみましたが、わかってもらえましたでしょうか?

無闇に高いレバレッジで取引しても、相場に耐えれないので、自分のトレードスタンスを考えながら、適切なレバレッジでトレードして、相場で長く生き残っていきましょう!

それと、今回は相場への耐久度という観点でレバレッジを説明しましたが、通貨の取引量という観点でもレバレッジが説明できます。
この観点では、レバレッジが高いほど有利という結論になるのですが、詳しくは別の記事で説明したいと思います。

 

-FX初心者向け

Copyright© XMでゆったりLife , 2018 All Rights Reserved.